アド街に出なかった、もう1つの川越のシンボル


10月20,21日に川越まつりが開催されました。
今年は川越市制90周年を記念して各町内の29台全ての山車が出されました。

───────────────────────────
新しくランキングバナーを作ってみました
ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければクリックよろしくお願いします!
───────────────────────────

20日には7chテレビ東京の人気番組「アド街ック天国」でも”本川越”として
華々しくテレビで紹介されていました。

その中で今回、私が紹介されるであろうと思った事が出ておりませんでした。

それが「川越のガスタンク」です。

このガスタンクは(本当の名称はガスホルダーと言うそうです。)東武東上線
かわごえし駅の隣、JR川越線の線路に挟まれた土地にあります。
(→こんなところです

出来たのは1969〜75年にかけてだそうです。40年間、時の鐘とともに
川越のシンボルだったガスタンクはその役目を終えて今年中に解体されるのだそうです。

私は5歳の時に左腕を複雑骨折しました。川越の赤心堂病院に運ばれて手術を受け、
腕を吊った状態で3ヶ月近く寝たきりで安静にしなくてはなりませんでした。

当時、病院の周りには今の様に高い建物もなく唯一病室の窓から見えたのが
このガスタンクでした。

時には空飛ぶ気球に、時には大きなメロンにと色々な物に姿を変え
私の想像を膨らませてくれました。

人生初の長期入院で5歳の自分にとってはショッキングな出来事でしたが、
そんなガスタンクと病室でできた友達のおかげで前向きな入院生活を
送る事ができました。

そんな幼少の頃の思い出があるガスタンク。解体されると聞いてから無くなる前に
是非写真を取りに行きたいと思っていましたがなかなか行けず、
先日行った時には残念ながらTOP画像の様な状態でした。

すっぽりと足場に覆われ、解体が進むガスタンク。

球体のパネルの1部でしょうか。

一部記念のモニュメント等にしたりはしないのでしょうか。

私は囲い前の写真を撮り損ねてしましましたが、少し前の昔ながらの丸い形は
いろいろなサイトで見る事が出来ました。ありがとうございます。

もう見る事ができない風景。
アド街には出ていなかったですが、私の思い出の中では上位ランキングです。

いつもツイート、クリックありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
カテゴリー: 更新 タグ: , , , パーマリンク

この記事は?よかった・もう一息・イマイチ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中