九一式戦闘機(二型)〜所沢航空発祥記念館〜


先日、ラジオフライヤーを出動させて行ってきた所沢航空記念公園には
所沢航空発祥記念館という航空機展示の屋内施設があります。

飛行機の格納庫を思わせる建物には現役を引退した
多数の航空機が展示してあって、雨の日でも楽しい施設です。

その中でもここ、所沢航空記念館にはとても貴重な
「九一式戦闘機」の実機が展示してあります。

九一式と言う事は皇紀2600年(昭和15年)採用の零戦よりさらに古い
皇紀2591年(昭和6年)に旧日本陸軍に正式採用された機体と言う事。

しかもすごいことに展示機は「二型」で、300機以上生産された「一型」に比べ
20機程度しか生産されていないとの事!宮城県の納屋で発見されたそうです。

現存する実機はこの展示機のみで重要航空遺産に指定されています。

一見すると主翼がないので飛行機と分かりにくいですがよく見ると
スチール骨格に布張り(!)の垂直尾翼など見応えがあります。

この中島飛行機設計の純国産機を経て、当時、世界最高の技術水準の
零戦や隼につながっていくんですね。

そしてさらに戦後、日本は航空機生産を禁止されましたが
その技術力は車などの産業全般へと発展して現在に至っています。

そう考えるとやっぱり日本人てすごいですね。デペンデントハウスのプロジェクトも
そうですが、本気で生きてる感じが伝わる時代です。

晴れていれば公園でラジオフライヤー、雨ならば屋内でフライヤー見学(笑)
所沢航空記念公園へ是非。

九一式戦闘機(二型)ギャラリー

九一式戦闘機の性能緒元等はこちらのページが詳しいのでリンクさせていただきました。

こちらの関連記事もどうぞ→
いつもツイート、クリックありがとうございます。またコメントはアドレス欄表示されますが入力不要ですのでお気軽によろしくお願いいたします。

ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

広告
カテゴリー: 行ってきた, 飛行機 タグ: パーマリンク

九一式戦闘機(二型)〜所沢航空発祥記念館〜 への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 所沢だけじゃない?2013年は零戦イヤー! | Thinking for the House

  2. ピンバック: 零戦来日!組立・栄エンジン始動!〜所沢航空発祥記念館〜 | Thinking for the House

  3. ピンバック: 子どもと見る 入間基地航空祭2012〜河川敷中央公園より〜 | Thinking for the House

  4. ピンバック: 子どもと見る入間基地航空祭2012〜河川敷中央公園より〜 | Thinking for the House

  5. ピンバック: 零戦来日!「日本の航空技術100年展」 | Thinking for the House

  6. ピンバック: 飛行機が飛び出す!?「FLIGHT a pop-up book of aircraft」 | Thinking for the House

  7. ピンバック: 夏休みに!所沢航空発祥記念館で零戦模型教室 | Thinking for the House

この記事は?よかった・もう一息・イマイチ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中