その6 テラスの手すり製作


本体工事もだんだんと佳境に入ってきました。デッキ側の柱を建てたのでそこの間に手すりをつけて行きたいと思います。まず前回の反省を踏まえて材料をカットする前に塗装しました。

やっぱりはじめからこうすればよかったです。変なムラもでません。これをカットしていきますが、その前にこんなのを作ってみました。

さてこれはなんでしょう。手すりといっても模型なので、実寸で10mm程度になります。これを同じ長さに手作業で何十本もカットしなくてはいけないので結構つらいです。そこで「治具」を作ってみました。これでわざわざ測らなくても同じ長さで何本もカットできます。

これで同じ長さの材料がたくさんカットできました。これを手すりの形状に接着していきますが、手すりの支柱の間隔を均一になる様にしなくては出来上がりがきっと不細工になりそうなのでこちらも治具をつくりました。

ならべて接着してはずせば均等間隔の手すりの出来上がりです。やっぱり治具を作ってよかった。手作業でやってたらきっとブログを更新できなかったかもしれません(笑)パーツが出来てしまえばあとは取付けるだけです。

入口部分です。これに軒をのせたらぐっと良い感じです。

掃き出し窓の方も支柱に手すりを取付ます。手すりのない部分は出入り口になる所です。支柱のないコーナー部分がちょっと難しかったです。「割り」をちょっとごまかしてますがご愛嬌です。(笑)

いい感じになったと思います。

その7 テラスパーゴラの製作」につづく

いつもツイート、クリックありがとうございます。
ライフスタイルブログ

その6 テラスの手すり製作 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: テラスの手すり製作 | Thinking for the House

この記事は?よかった・もう一息・イマイチ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中