緩んでしまうホイールナットの交換


カートタイヤに履き替えたラジオフライヤーは見た目も操作性もすごくいいのですが、1点だけ大変重要な欠陥がありました。それはラジオフライヤーをしばらく引いているとなんとホイールのナットが緩んでしまうのです。

昨年タイヤを替えたばかりでうれしくて調子にのって、子供をのせて引っ張って走っていたらなんと後輪のボルトナットが無くなっていました!あやうく脱輪して、ケガをする所でした。後輪の1ヶ所だけかと他を調べたらなんと他の3ヶ所も手で回せるほど緩んでいました。これではいかんので、なんとかせねばとナットを変えてみました。

これがハブにセットだった袋ナット

ホームセンターに行き合うナットをさがしました。ラジオフライヤーの車軸にはM16のナットがあうようです。黒のナットはなかったので仕方なくニッケルメッキ?のいかにも工業用という感じのナットと、合わせて緩み防止でスプリングワッシャーを買ってきました。買ってから袋ナットもあったのに気づきましたがまぁいいや。

M16のナットとスプリングワッシャー

しかし、これだとあまりにかっこ良くないのでこんなのも合わせて購入しました。

ナットキャップ(黒)

これなら見た目もよくなりそうです。以上を取付けます。

ナットは結構固く締めました

ナットキャップを装着

ナットキャップをつけたら黒くなっていい感じです。が、場所によってはスカスカと抜けてしまいそう・・・。実用には向かなそうです(接着してしまえばいいかもしれませんがあとが大変そう)見た目は工業用のままでまぁいたしかたありません。安全にはかえられません。

で、先日の花見で出動してみました。その結果、おおー!結構遊んだのに全然ゆるんでないー!大成功です。よかったよかった。でも安心していると痛い目を見るのがアメリカ製品(笑) やっぱり日々のメンテナンスは大切なんですね(特に増し締め!)

これで安心です。

いつもツイート、クリックありがとうございます。
ライフスタイルブログ

緩んでしまうホイールナットの交換 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 緩んでしまうホイールナットの交換 | Thinking for the House

この記事は?よかった・もう一息・イマイチ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中