ウレタンハンドルカバー


ラジオフライヤーはアメリカ製品の荒さがなんともいいのですが欠点が1つだけあって引手のハンドルが本体に当たると金属と金属なので塗装がはげてしまいます。それだけならいいのですが子供が遊ぶ事を考えると指を挟む危険性が。これだけ歴史のある商品なのに未対策とは。訴訟大国なのに訴えられていないのでしょうか。マックのコーヒーが熱いと訴えるくらいなのに。その辺はおおらかな国民性ってことでしょうか。

このように遊んでると手をはさむ危険性が

そこで調べたらやはりハンドルカバーがありました。しかしただのウレタンのつつが1,000円もします。これならホームセンターになにかありそうなので探しにいきましたがぴんとくるものがなく、ネットでしらべたらBMXの替えハンドルが使えそうでしたが詳細が出てないので不安。結局はじめのものを1,000円で購入、取付しました。

これでひと安心

いつもツイート、クリックありがとうございます。
ライフスタイルブログ
広告

ウレタンハンドルカバー への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ウレタンハンドルカバー | Thinking for the House

この記事は?よかった・もう一息・イマイチ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中